子供とは違う大人のアトピー

大人のアトピーと子供のアトピーで、決定的に違うところは、治りのよさ・悪さになります。
子供のほうが、大人よりも治りが良いのです。
なぜか、といいますと、子供の場合、アトピーの原因は圧倒的に食物が多く、それに比べ大人はダニ・ほこりなどの環境が原因となることが主です。
子供は成長に伴い、体質が変化し、食べれなかったものも食べれるようになったり、(消化器の発達)皮膚のバリアが発達してくるため、自然とアトピーが改善されることが多いです。
しかし、大人のアトピーの原因であるダニやホコリはどこにでもあるもので、かつそれらを0にすることは困難です。
さらに、大人は皮膚バリアが完成している状態で、かつアトピー症状がでているわけですから、バリアの成長に伴う回復は期待できません。
このように、子供と大人では、アトピーの原因・なおりの良し悪しに違いがでてきます。
そのため、大人アトピーの人は、子供と同じ治療をしていては、不十分で、+αの要因を取り除くよう、努力しなければなりません。

アトピーを薬に頼らず自宅で治す方法はコチラ!




アトピー治療法


Copyright © 2010 アトピーのタイプ別見分け方. All rights reserved