薬物によるアトピー治療法の現状

アトピー治療のための新薬開発が日々進められている中、現在では一体どのような方法があるのでしょうか。
まず、一番代表的なアトピー治療法として、ステロイド軟膏が挙げられますが、マスコミにその副作用が取り上げられ、ステロイドに対する不安感を抱く人も少なくありません。
ステロイド=体に悪いもの、ではななく、使い方を守れば、アトピー性皮膚炎の治療に有効な薬である、と言われていますが、実際には、ステロイド依存症に陥り苦しんでいる方が大勢いるのが現状です。
次に、経口減感作療法という療法があります。
こちらは、アレルゲンエキスを飲むというもので、最近ではカプセル化されているものが一般的です。
1999年には、タクロリムス外用薬(プロトピック)というものが登場しました。
これは、アトピー治療薬であるステロイドとは異なる外用薬で、免疫抑制剤ではあるものの、ホルモン作用によるもので、副作用がないアトピー治療薬と言われていますが、やはり実際のところはわかりません。
また、アトピー治療薬ではありませんが、ビタミンのうち、アトピーの治療に効果のあると言われているものがあります。
「ビオチン」というビタミンで、皮膚炎を治すビタミンになります。
ビタミンHと称されており、水溶性のため、過剰に摂取しても体外に排出されるので、安心と言われています。
アトピーの治療といっても、様々な方法がありますので、自分の体調や、合う・合わないによってその治療法を選択することができます。
しかし、やはり一番良いのは、薬に頼らずに、地道に体質改善に取り組んでいくことです。

薬に頼らないアトピー治療法はコチラ!




アトピー治療法


Copyright © 2010 アトピーのタイプ別見分け方. All rights reserved