食べ物がアトピーに大きな影響

食べ物がアトピーに大きな影響を及ぼすことは周知のことですが、さまざまな食べ物がなぜアトピーにとってだめなのか、というのを正しく把握しているでしょうか。
例えば、一般的に言われる甘いもの、についてですが、実は多少の量であればあまり大きな影響はありません。
ただし、急激に甘いものを食べると、大量のブドウ糖が血中に流れ込み、新陳代謝に障害を行すことがあります。
これにより、血液が酸性になることに問題があります。
上記の現象がアトピーの要因となるため、甘いものを控えるほうがよいとされています。
他にも乳製品などの食べ物もアレルギーがある場合、NGとなりますが、カルシウムを摂取する代替として、小魚などの師食べ物が挙げられます。
乳製品などの食べ物は、動物性脂質と活性酵素が結合することで、大人のアトピーを重症化させる原因ともいわれています。
食べても良いものと、そうでないものは医師によって異なったり、インターネット上の多くのサイトにも掲載されていますが、NGの理由を知ることで、情報に左右されず、自分で取捨選択する目を持つことが大事ですね。

日常生活で出来るアトピー治療法はコチラ!




アトピー治療法


Copyright © 2010 アトピーのタイプ別見分け方. All rights reserved