アトピーに対する薬の目的

アトピーに用いられる薬は、完治を目的としたものでなく、アトピーの症状をコントロールするためにあります。
そして、薬の使用法をコントロールするのは、医師でなく、アトピー患者自身か、もしくはその保護者になります。
また、薬により、服用のタイミングがあります。
例えば、虫に刺されてしまってから虫よけをしても意味がないですよね。
ここでは、虫さされようの痒み止めなどを使います。
このように、症状によって塗布する薬も変わってきます。
アトピーも同様で、たとえば抗アレルギー剤をアレルギー反応がでてしまってから服用するでは、効果がでるまでに時間がかかり過ぎます。
すでにおきているアレルギー反応の増幅を止めることはできず、結局反応が収まるまで数週間もまつことになります。
その後で、アレルギーを抑制することはできても、服用から一週間、効果が表れないことになってしまいます。
このことから、薬の効果がない、合わないと判断してしまうこともあり、次々薬を変えることの原因となります。
そのため、薬の効果を検証にするには、時間をかけて行う必要があります。
そして何よりも、薬に頼らずに、日常生活でアトピー対策をしていくことがベストです。

薬に頼らないアトピー治療法はコチラ!




アトピー治療法


コンテンツ

アトピーと薬関連

PRサイト

Copyright © 2010 アトピーのタイプ別見分け方. All rights reserved