アトピーに入浴は欠かせない

アトピー対策の一つに、入浴があります。
アトピーの人は、普通の人よりも、肌のバリア機能が弱いため、入浴の際に注意が必要です。
しかし、夏場など、汗をよくかく季節、汗をほうっておくと、汗の中に含まれる栄養分で、細菌が繁殖してしまいます。
そのため、汗を取る、という点で、入浴がアトピー対策になるのです。
入浴といっても湯船につかる必要はなく、シャワーを浴びることで十分です。
シャワーを浴びることにより、汗だけでなく、なんと皮膚上の細菌まで洗い流すことができます。
ただし、外出時はシャワーを浴びることができません。
そこで、外出先でできる汗対策としては、こまめにタオルで汗を拭き取ることです。
とくに「首」がつく部位の汗を拭き取ることで、体の内部を冷やすことを防止できます。
例えば、電車に乗る際、首筋の汗、手首の汗をふき取ることや、首筋にタオルをかけておくだけで、急な冷房で体が冷やされるのを防止することができます。
なお、タオルは綿素材のものを利用できるとよいでしょう。
また、シャワーを浴びた際は、保湿を欠かさないようにするのもポイントです。

アトピーを薬に頼らず自宅で治す方法はコチラ!




アトピー治療法


Copyright © 2010 アトピーのタイプ別見分け方. All rights reserved