アトピー治療法


様々なスタンスからの取り組みでアトピー性皮膚炎を克服する

アトピー性皮膚炎は、一筋縄では克服出来ない病気で、特に西洋医学的な対症療法ではなかなか本格的完治には向かいません。

皮膚科に通い、医師の指示通りに治療を続けても、なかなか良くならずに、かえって悪化に一途をたどるというケースも決して珍しくはありません。

あなた自身やあなたの周りにも、同じような状況で、アトピー性皮膚炎と、どう向き合えば良いかわからずに苦しんでいる方がいるのではないでしょうか。

このサイトでは、そんな忌まわしいアトピー性皮膚炎を克服するための知恵を、13のカテゴリーでご紹介していきます。

第1のカテゴリー
食生活でアトピー性皮膚炎を治す

第2のカテゴリー
入浴でアトピー性皮膚炎を治す

第3のカテゴリー
水でアトピー性皮膚炎を治す

第4のカテゴリー
日用品でアトピー性皮膚炎を治す

第5のカテゴリー
保湿でアトピー性皮膚炎を治す

第6のカテゴリー
サプリメントでアトピー性皮膚炎を治す

第7のカテゴリー
薬でアトピー性皮膚炎を治す

第8のカテゴリー
大人のアトピー性皮膚炎の治し方

第9のカテゴリー
子供のアトピー性皮膚炎の治し方

第10のカテゴリー
手湿疹の治し方

第11のカテゴリー
アトピー性皮膚炎の季節対策

第12のカテゴリー
アトピー性皮膚炎のストレス対策

第13のカテゴリー
アトピー性皮膚炎の温泉療法

これらの対策のうち、どれかを取り組めば解決するというわけではありません。
そして、それぞれ合う治療法と合わない治療法があると思います。
アトピー性皮膚炎と向き合う場合は、決して焦らずにあらゆるスタンスからの取り組みを試しながら、じっくりと解決に向けて取り組む必要があります。

そしてその成果は、すぐに効果として現れるものではありません。
早い場合でも数か月、長くかかる場合は、数年かかりの取り組みとなるケースもあります。
まずは、日常生活に取り入れられるものから一つずつ地道に取り組んで、是非、根本からの体質改善を目指して、長年苦しんだアトピー性皮膚炎を克服してください。

アトピー性皮膚炎を克服するための具体的方法はコチラです⇒

アトピー性皮膚炎と診断される基準について

顔に湿疹ができたからといって、必ずしもアトピーであるとは限りません。
アトピーではなく、ただの湿疹と診断されることもあります。
アトピーは、皮膚の表面に出てきた症状だけで判断されるものではなく、アトピーという体質を持っているかどうかによって判断されます。
アトピー性皮膚炎と診断される基準として、日本皮膚科学会と厚生労働省により、治療ガイドラインが作成されています。
これによると、皮膚のかゆみ・湿疹ができて症状が慢性化した場合、または1度湿疹が治ったかのようにみえても、また湿疹が頻繁に出たり、症状の悪化などを繰り返す場合、幼児と大人は6カ月以上に渡り、症状が継続した場合、赤ちゃんは2カ月以上、症状が継続した場合に、アトピー性皮膚炎と診断されます。
アトピー性皮膚炎は、湿疹と一見よく似ていますが、湿疹と大きく異なる特徴として、左右対称に症状が出ることにあります。
顔だけでなく、手や足、首のまわり、背中、胸などあらゆる部位に症状があらわれます。




この方たちが取り組んだアトピー克服法


Copyright © 2012 アトピー性皮膚炎克服13の知恵. All rights reserved